現時点(2014年2月8日)では以下の3つのタイミング

  • ユーザーの操作がないまま 30 分が経過
  • 午前 0 時
  • キャンペーンの切り替わり

「ブラウザを閉じるとセッションが切れる」という仕様は随分前に変更されたんですね。
http://analytics-ja.blogspot.jp/2011/08/update-to-sessions-in-google-analytics.html
恥ずかしい話ですが、つい最近知りました。

さて、話を戻して、最後の「キャンペーンの切り替わり」とは、上記ブログに

以下のトラフィック示すデータのどれかが変わったとき
 utm_source、utm_medium、utm_term、utm_content、utm_id、utm_campaign、gclid

とありますから、検索サイトに戻って別キーワードで検索して再訪問した場合や、別のサイトの広告を踏んでの再訪問は別セッションですね。(前回のセッションが切れる)
外部サイトにある通常リンクからの再訪問は30分経過や操作中に午前0時を回らない限り、同一セッションになります。

この仕様を見ると、アナリティクスは流入経路を重要ししている様に見えますね。
ちなみに、「コンバージョン→マルチチャネル→コンバージョン経路」を確認すると、コンバージョンに関与した流入経路が確認できます。